川村 雨谷 かわむら うこく
   

夜鳥図

墨竹図
35.3p×6p×2

天保9年8月8日(新暦 1838年9月26日)生〜明治39(1906)年12月29日歿
制作年 明治28年(1895) 58歳
 江戸青山百人町(現東京都港区)に幕臣川村幽対の子として生まれる。名は應心、字は広卿、守国。幼名を次郎太、通称を新助といい、別号に休翁・陸蓮子・無生居士などがある。居所を宣雨艸堂、瑞芝山房、愛竹艸堂、種竹萬竿堂、仙台での寓居を太白山房と称した。
 6歳の時、父の新潟奉行所詰にしたがい新潟に赴き、同地で育つ。松尾柴山に画、杉浦南陽に漢籍、観老館に武術を学び、安政3年(1856)家督を相続した。
 慶応元年(1865)長崎奉行支配定役として長崎に赴任し、3年の勤務の間、木下逸雲、日高鉄翁らに南画を学ぶ。
 維新後明治2年刑部省に出仕、のち司法官として大阪、仙台、東京、松江などに赴任し、その後大審院判事として31年までつとめた。
 明治15年第一回内国絵画共進会「山水」「梅」が銅印、明治17年同第二回「山水」「花卉」も銅章を受賞。明治17年東洋絵画会結成に際して議員となり、明治30年には高森碎厳らと東京南画会を結成する。
 明治31年官を辞してのち下谷に幽居、田能村直入、田崎草雲らと交遊し、南画界の重鎮として、門人もはなはだ多かった。清澄な山水を製作。また古印を多く蔵し、篆刻や俳諧(号枯木庵烏谷)もよくした。
 「夜鳥図 乙未夏日寫於荷風竹露書屋爲晩醉先生清属 雨谷應」の下に朱文小判の「陸蓮子」、「墨竹図 乙未夏日寫於七十五愛山房」の下に朱文小判の同様の「陸蓮子」の落款印が押されている。


推奨サイト
http://www17.ocn.ne.jp/~ya-na-ka/kawamuraUkoku.htm
http://72.14.235.104/search?q=cache:hAVe1gk4IoIJ:www.morikinseki.com/ryakuden/sakuin_ka.htm+%E5%B7%9D%E6%9D%91%E9%9B%A8%E8%B0%B7&hl=ja&ct=clnk&cd=2&gl=jp&lr=lang_ja


参考文献一覧      HOME