谷口 藹山 たにぐち あいざん
   

松林仙境
山水図
最大横44.3p

文化13年(1816)生〜明治32年(1899)歿
 越中富山新川郡鉾ノ木村(現在の 富山県立山町)の生まれ。名は貞二、字を士幹、号は藹山、別号は鴨浙水荘。
 幼少より絵を好み、18歳で江戸に出るとすぐ、谷文晁に就き文齋と号した。しかし納得が行かず、すぐに高久靄高フ門下となり藹山と号する。25歳まで門人として過ごす。26歳のとき、大坂の篠崎小竹に儒学を学ぶ。その後、九州に遊学し、大分では広瀬淡窓の咸宜園で修行し、長崎では清国の画家 陳逸舟に四君子などの書法を伝授される。29歳にて、京都の貫名菘翁に入門。そのまま京都の護王神社付近の家を終の住み処とした。
 山水画、花鳥画を得意としたが、安政2年(1855)、京都御所の修復時、望月玉泉らとこの障壁画を描いた。この頃、西郷隆盛や大久保利通などの勤王の志士らとの交流を重ねている。
 明治2年(1869)には西園寺公望が開校した私塾立命館に富岡鉄斎、山中静逸らとともに講師として招かれる。明治13年(1880)64歳のとき、京都画学校(後の京都市立芸術大学)の南画の担当教授となる。同時期には望月玉泉(大和絵)、小山三造(洋画)、鈴木百年や幸野楳嶺(狩野派)が同校の教授となっている。明治29年(1897)に田能村直入や富岡鉄斎らと日本南画協会の設立に尽力し、京都画壇の長老として敬われた。
 「藹山寫」の左に、白文下駄判の「藹山」の落款印が押されている。

推奨サイト
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B0%B7%E5%8F%A3%E8%97%B9%E5%B1%B1


参考文献一覧      HOME