高瀬 武次郎 たかせ たけじろう
   

退蔵久占洞中幽
遙抱姚江混々流
洗却客心塵亦盡
杳然一夜對虚舟
蔵を退して久しく占す 洞中幽なり
遙かに抱く姚江 混々と流れる
洗却客心 塵亦た尽
杳然たる一夜 虚舟に対す
 姚江=王陽明の出身地浙江省余姚県にある川の名。
33.2p×139.0p

明治元年(1869)12月生〜昭和25年2月9日歿
 讃岐 (香川県西十川)出身。佐々木弥三八の四男として生まれる。名は武次郎、号は惺軒。熊本第五高等学校(旧制)卒業、東京大学に進学、卒業した。
 明治40年京都帝大助教授となり、中国留学を経て大正4年教授。のち立命館大文学部長などを勤めた。高瀬家の養子となり、数年後、文学博士となる、文部省より洋行を命ぜられ、帰国後も京大に勤めた。その間、皇居において陛下にご進講した。
 中江東樹を尊崇して陽明学の研究で知られた。
 著書に『陸象山』『楊墨哲学』『教育勅語謹解』『支那倫理珠塵:問題解答』『四言教論 』『三輪執齋』『陽明主義の修養』『支那哲学史』『教育勅語精解 』『陽明學階梯:精神教育』『老荘哲学』『執齋全書』などがある。
 「惺軒」の下に、白文の「高瀬武印」、朱文の「惺軒」の落款印が押されている。
 参考文献:『新修高松市史』『讃岐人名辞書』『香川県人物・人材情報リスト』『十河郷土史』

推奨サイト
http://kotobank.jp/word/%E9%AB%98%E7%80%AC%E6%AD%A6%E6%AC%A1%E9%83%8E
http://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000023456
http://www.ic.daito.ac.jp/~oukodou/gallery/pic-52.html
http://k-aiser.kokugakuin.ac.jp/cgi-bin/exec_cgi/iatydet.cgi?CGILANG=japanese&U_CHARSET=utf-8&MENUHTML=imenu.html&ID=AU00056387


参考文献一覧      HOME