高森 碎巌 たかもり さいがん
   

碧梧翠竹
21.6p×17.5p

山中卜屋樂堯年
岡擷芳?水釣鮮
不信彼都人士語
束薪生草亦論錢
20.4p×17.7p

山中の卜屋 尭年を楽しむ
岡の芳?を擷(つ)む 水釣鮮かなり
不信 彼の都の人士(=教養と地位のある人)の語
薪を束ね草生じ 亦た銭を論ず

弘化4年 5月22日(新暦 1847年7月4日)(10月1日とも)生〜大正6年 10月25日(新暦 1917年12月9日)歿
 近代南宋画の大家。上総の国(千葉県)長南町に生まれる。幼名宗之助、名は敏、字は子訥、通称有造、翠巌・菊梁・朶香・遂頑居士・自知斎・七松園・双松庵 等の別号を持つ。
 江戸に出、服部蘭台に儒学を学び、17歳で渡辺崋山の高弟山本琴谷に師事。格調を持った山水花鳥画を得意とし、後に与謝蕪村に私淑したと言われている。南宋画に対する研究、眼識は当代随一と称され鑑識、鑑定家としてもその重きを為した。船会社や司法省に勤務するが、画業に専念、公の展覧会には出品せず画作を続ける。
 南画会の結成に参加。日本美術協会会員。
 「碎巌居士」の下に、白文小判の「敏」の落款印が押されている。

推奨サイト
http://72.14.235.104/search?q=cache:rId3xiXcG4cJ:www2s.biglobe.ne.jp/~naniwaya/katana/kakolog.htm+%E9%AB%98%E6%A3%AE%E7%A0%95%E5%B7%8C&hl=ja&ct=clnk&cd=1&gl=jp&lr=lang_ja
http://72.14.235.104/search?q=cache:6mEh_s9Li7MJ:www.kowado.net/jinmeitt.htm+%E9%AB%98%E6%A3%AE%E7%A0%95%E5%B7%8C&hl=ja&ct=clnk&cd=18&gl=jp&lr=lang_ja


参考文献一覧      HOME