関根 江山 せきね こうざん
   

本立而道生
本 立ちて 道 生ず (物事の根本が定まって初めて、実行の仕方が生ずる。〔論語・学而〕)
98p×26p

生没年不明
 名は爲寶、字は親卿、別号に趙斎・揮月堂。江戸の下谷に住み、書道を教授し、傍ら古今の名筆を集めて刊行した。行書・草書を得意とし、和歌にも優れた。著作に『仮名類纂』『音韻仮字格』がある。
 引首印は白文の「風月」、「江山老人」の下に、白文の「江山」、朱文の「関根爲寶」の落款印が押されている。

推奨サイト
http://kotobank.jp/word/%E9%96%A2%E6%A0%B9%E6%B1%9F%E5%B1%B1
http://www.taitocity.net/culture/bunkazai/h10p13.html
http://jyube.blog56.fc2.com/blog-entry-1084.html
http://www.uchiyama.info/oriori/kentiku/zinja/kanda/


参考文献一覧      HOME