鶯亭 金升 おうてい きんしょう
   

噂するたび笑(い)つつ
見せてやりたい今朝のはる
51.0p×15.7p

慶応4年2月23日(新暦 1868年3月16日)生〜昭和29年(1954)歿
 日本の戯作者・新聞記者。本名は長井総太郎。下総国八木ヶ谷村(現・千葉県船橋市)に生まれる。梅亭金鵞の門人となり、「團團珍聞」の編集にあたる。「万朝報」「都新聞」などに戯作、落語を書いたほか、長唄・常盤津などを作詞した。『俳諧百吟逸趣』は金升の編集である。居山等と親交があり、居山の墓に追悼句を刻んでいる。金升の日記(『鶯亭金升日記』・劇出版社)は、明治〜昭和前半の文壇・演劇界の事情を物語る資料として知られている。
 「鶯亭」の下に、朱文「金升」の小判印が押されている。

推奨サイト
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B6%AF%E4%BA%AD%E9%87%91%E5%8D%87
http://www.j-cave.com/bunko/bk07.html
http://d.hatena.ne.jp/jyunku/20070804/p1
http://www.yomiuri.co.jp/yomidas/meiji/topics/topi_m01.htm
http://www.deston.net/rakugo/FRCG30888.html


参考文献一覧      HOME