野口 小蘋 のぐち しょうひん
   

花鳥図
35.3p×6p

弘化4年1月11日(新暦 1847年2月25日)生〜大正6年2月17日(新暦 1917年3月10日)歿
 近代を代表する女性南画家で、跡見花蹊や奥原晴湖とともに「三大閨秀」と評された。大阪に生まれる。父は徳島出身の蘭方医松邨春岱で長女。名は親、字は清婉。野口小恵は娘。
 関西南画壇の重鎮、日根対山に学び、花鳥・山水を能くする。明治10年(1877)、甲府の酒造業野口家へ嫁いだ。その後、上京して頻繁に開催されていた国内外の博覧会や展覧会へ出品を重ね、南画派の伝統を守り、高尚な気品の表れた作風で、東京画壇を代表する南画家として活躍した。その一方、華族女学校で教鞭を執り、多くの作品が皇族や華族に買上げられるなど、当時の上流階級との関わりの深い画家でもあった。明治37年(1904)、女性で初の帝室技芸員に任命され、翌年には、正八位(同41年には従七位)に叙せられ、さらには、大正天皇の御大典奉祝画を献上する栄誉を授かった。

推奨サイト
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E5%8F%A3%E5%B0%8F%E8%98%8B
http://72.14.235.104/search?q=cache:9t69UKrNl6QJ:www.shibunkaku.co.jp/biography/search_biography_aiu.php%3Fkey%3Dno%26s%3D0+%E9%87%8E%E5%8F%A3%E5%B0%8F%E8%98%8B&hl=ja&ct=clnk&cd=16&gl=jp&lr=lang_ja
http://72.14.235.104/search?q=cache:8QZ3nqWNdCMJ:www.art-museum.pref.yamanashi.jp/contents/index.php%3Foption%3Dcom_content%26task%3Dview%26id%3D226%26Itemid%3D56+%E9%87%8E%E5%8F%A3%E5%B0%8F%E8%98%8B&hl=ja&ct=clnk&cd=2&gl=jp&lr=lang_ja
http://72.14.235.104/search?q=cache:fcBvpMgUZcgJ:www.kowado.net/jinmeinn.htm+%E9%87%8E%E5%8F%A3%E5%B0%8F%E8%98%8B&hl=ja&ct=clnk&cd=36&gl=jp&lr=lang_ja


参考文献一覧      HOME