中野 龍田 なかの りゅうでん
   

墨炙筆針如有神
墨の炙(のような香り)(のような)筆 有神の如し
   顧雲詩 池陽醉歌贈匡廬處士姚岩傑(『全唐詩』)の句
74.8p×24.3p

宝暦6年(1756)生〜文化8年(1811)歿
制作年 寛政12年(1800) 45歳
 尾張生。名は渙、字は季文、通称を煥三郎・新吾、別号に龍閑。はじめ兄の桑名藩儒 春洞に従い、のち京に出て古学を修め硯儒の名を得る。岡田新川にも従学し、講説に従事した儒者で、書画も善くして十時梅高ニ親交を結んでいる。
 「龍田書」の下に、白文の「中野渙印」と、同じく白文の「季文氏」の落款印が押されている。

推奨サイト
http://kotobank.jp/word/%E4%B8%AD%E9%87%8E%E9%BE%8D%E7%94%B0
http://www.shibunkaku.co.jp/biography/search_biography_aiu.php?key=na&s=60
http://www.daito.ac.jp/~oukodou/gallery/pic-1705.html


参考文献一覧      HOME