中村 汀女 なかむら ていじょ
   

きらきにと
濱昼顔が
先んじぬ
22.5p×26p

明治33年(1900)4月11日生〜昭和63年(1988)9月20日歿
 本名、破魔子。名誉都民、熊本市名誉市民。
 熊本県飽託郡画図村(現熊本市江津1丁目)に斉藤平四郎・テイの一人娘として生まれる。平四郎は村の地主で、村長も務めた。
 大正元年(1912)、熊本県立高等女学校(現熊本県立第一高等学校)に入学、大正7年(1918)、同校補習科を卒業。昭和7年(1932)に復帰して高浜虚子に師事し、このころより「ホトトギス」に投句を始めた。
 大正9年(1920)に熊本市出身の大蔵官僚の中村重喜と結婚。以後、夫の転勤とともに東京、横浜、仙台、名古屋など国内各地を転々とし、後に東京に定住した。
 昭和9年(1934)ホトトギス同人となり、最初の句集『春雪』を発表。戦後の昭和22年(1947)には俳誌『風花』を創刊・主宰した。
 昭和54年(1979)に熊本市の名誉市民となる昭和55年(1980)文化功労者、昭和59年(1984)日本芸術院賞受賞。家庭の婦人として、いわゆる台所俳句もふくめて、時代を反映した叙情的な素直な句が多い。星野立子・橋本多佳子・三橋鷹女とともに4Tと呼ばれた。
 著書に『春雪』『汀女句集』『互選句集』(星野立子共著)『花影』『都鳥』『俳句の作り方』『ふるさとの菓子』『をんなの四季』『婦人歳時記 現代俳句の手びき』『母のこころ』『今日の俳句』『中村汀女句集』『明日の花』『紅白梅』『俳句をたのしく』『中村汀女句集』『風と花の記』『手紙の書き方 もらってうれしい手紙とは』『中村汀女俳句集成』『汀女自画像』『伝統の銘菓句集』『その日の風』『花句集』『今日の風今日の花』『四季の銘菓ごよみ 句集』『蜜蜂の箱『この日ある愉しさ』『はじめて俳句を作る』『中村汀女俳句入門』『中村汀女全句集』がある。

推奨サイト
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%9D%91%E6%B1%80%E5%A5%B3
http://home.att.ne.jp/blue/atelier/Fukuyama-san/Haiku-Nakamuta_Teijoron.html
http://www.weblio.jp/content/%E4%B8%AD%E6%9D%91%E6%B1%80%E5%A5%B3
http://www.01.246.ne.jp/~yo-fuse/bungaku/teijokuhi/teijokuhi.html
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/nakamurateijyo.htm
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/book/kyushu100/2007/06/post_71.shtml
http://www.kumamotokokufu-h.ed.jp/kumamoto/bungaku/teijo.html
http://www.nenrinpic2011.jp/gorin-ku-ichiran/199-2010-03-24-11-51-29.html
http://suien.ne.jp/0001/teijyo/


参考文献一覧      HOME