元田 永孚 もとだ ながざね
   

人各明明徳
徳徳明天下
克己而復禮
世界春風社
人 各(おのおの) 明徳(=立派な徳)を明らかにし
徳徳は 天下を明らかにする
克己(=我侭・欲望に勝つ)と復礼(=従来の極り)
世界(=世の中)は 春風の社
 克己復礼為仁(『論語』顔淵)…己に克ちて礼に復るを仁と為す
135p×32.5p

文政元年10月1日(新暦 1818年10月30日)生〜明治24(1891)年1月22日歿
 号は東野。肥後熊本出身の漢学者・洋学者・教育家。父は藩の小姓役。
 熊本藩の藩校時習館に学び、横井小楠・下津休也と知り合いその感化を受けた。安政4年(1857) 時習館学校訓助教。使番・後中小姓頭・側用人兼奉行を経て明治3年(1870)藩知事細川護久の侍講となる。明治4年(1871) 宣教使・少参事となり、大久保利通の推挙によって54歳にして宮内省出仕を命ぜられ、侍読となる。明治8年(1875)以後20年にわたって明治天皇の侍講を務めた。
 明治10年(1877)宮内省に天皇側近としての侍補職設置を実現。明治12年(1879)藩閥政治は忠義を排した権道による皇室の軽視と考え、明治天皇を国民の模範として相応しい儒教的な有徳の君主に育て上げてることが忠臣としての道であるとしてその実現に尽力したが失敗、侍補職廃止。
 明治14年(1881)1等侍講。明治19年(1886)に宮中顧問官、明治21年(1888)に枢密顧問官に至った。
 この間、明治12年(1879)『教学大旨』、明治15年(1882)『学生ニ付キ勅諭』、明治19年(1886)『聖諭記』を著し、明治15年(1882)頒布の『幼学綱要』は修身の教科書として使用された。
 帝国憲法・皇室典範の成案に参画、井上毅と『教育勅語』草案起草に与かった。代表的保守思想家で、儒教による天皇制国家思想の形成に寄与した。
 明治天皇の信任が厚く、大事においてはしばしば意見を求めた。また宮中顧問官への就任後も、明治天皇から「天皇の私的顧問」であることを命じられ、正装である洋装の義務を元田だけは免除して和装での参内を許可する(1886年3月11日付、元田からの村井繁三宛書簡)など、彼の明治天皇に対する影響力は伊藤博文ら政府首脳にとっても無視できなかった。明治24年(1891)1月、病勢が募り特旨により従二位・男爵の地位を授けられた。
 著書には『経筵進講録』『書経講義』『五東園諸鈔』などがある。
 「東野」の下に、白文の「元田永孚」、朱文の「東野」の落款印が押されている。

推奨サイト
http://www.ndl.go.jp/portrait/datas/202.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%83%E7%94%B0%E6%B0%B8%E5%AD%9A
http://www.pref.kumamoto.jp/arinomama/contents_dbpac/asp/bunkazai/s_frame.asp?id=686&group_id=6&pageCnt=55&order_kind=&disp_img=&syu=&syu2=
http://www.tabiken.com/history/doc/S/S153L100.HTM
http://wwwhou1.meijo-u.ac.jp/housei2/semi/2007soturon/pdf/%E7%89%A7%E5%A4%A7%E8%BC%94%EF%BC%88%E5%85%83%E7%94%B0%E6%B0%B8%E5%AD%9A%EF%BC%89.pdf


参考文献一覧      HOME