鈴木 三重吉 すずき みえきち
   

灯るのも
灯と消せば枝に来しや
(とも)るのも
(おかし)と消(き)せば枝(え)に来しや
130.6p×37.4p

明治15年(1882)9月29日生〜昭和11年(1936)6月27日歿
 小説家、児童文学者。日本の児童文化運動の父とされる。広島県広島市猿楽町(現在の中区大手町)に父悦二、母ふさの三男として生まれる。九歳で母を失う。
広島市第一小学校、広島県立中学(現・広島国泰寺高校)から第三高等学校(現・京都大学教養部)を経て東京帝国大学文学部英文学科に入学。
 中学時代から文学に熱中し、映山という筆名で雑誌『少国民』『新声』等へも投稿した。中学2年の時には童話「あほう鳩」などが雑誌『少年倶楽部』に入選している。東京帝国大学在籍時に、私淑する夏目漱石に送った「千鳥」が、夏目の推薦を得て「ホトトギス」に掲載され、以降漱石門下の一員として中心的な活動を行う。
 大学卒業後、一時、中学校教師を務めるかたわら、「小鳥の巣」「桑の実」などを発表、小説家としての評価を高めたが、小説のゆきづまりを自覚し大正4年(1915年)以降は小説を書かなかった。
 娘「すず」のために、子供の読み物をあさったことをきっかけの一つとして、童話への関心を抱くようになり、大正5(1916)年、童話集「湖水の女」を出版。以降は、児童文学に集中する。
 大正7(1918)年7月、児童文芸誌「赤い鳥」を創刊。文壇の著名作家に執筆を依頼。芥川龍之介「蜘蛛の糸」や有島武郎「一房の葡萄」などの童話、北原白秋らの童謡、小山内薫、久保田万太郎らの児童劇など大正期児童文学関係の名作が本誌から誕生し、教訓色に塗り潰されていた従来の児童読み物が、芸術的にも高められていく気運を作り出した。昭和10年(1936年)に三重吉が亡くなるまでの足かけ17年、(196冊)刊行を続け、最盛期には発行部数3万部を超えたと言われる。しかも学校や地方の村の青年会などで買われたものが回し読みされたとう。
 この間、坪田譲治、新美南吉ら童話作家、巽聖歌ら童謡作家、成田為三、草川信ら童謡作曲家、清水良雄らの童画家も世に出した。また紙面に児童の投稿欄も設けられ三重吉や白秋、山本鼎が選評にあたり児童尊重の教育運動が高まっていた教育界に大きな反響を起こした。
 三重吉の没とともに「赤い鳥」は廃刊となるが、13回忌にあたる昭和23年(1948)から「鈴木三重吉賞」が創設され、現在も全国の子供の優秀な作文や詩に賞が贈られている。
 また、古事記を子供にもわかりやすいよう物語風に現代語化して『赤い鳥』に連載した「古事記物語」の作者としても知られる。

推奨サイト
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E4%B8%89%E9%87%8D%E5%90%89
http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person107.html
http://www.pref.hiroshima.lg.jp/page/1174293940156/html/common/45ff513d017.html
http://www.library.city.hiroshima.jp/akaitori/
http://kotobank.jp/word/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E4%B8%89%E9%87%8D%E5%90%89
http://blog.livedoor.jp/hisako9618/archives/51715166.html
http://novel.atpedia.jp/alist/%E9%88%B4%E6%9C%A8%20%E4%B8%89%E9%87%8D%E5%90%89.html
http://www.d-score.com/ar/A04082101.html
http://rotary-club.jp/toshima/page/toshima_culture_suzuki_m.htm
http://chinchiko.blog.so-net.ne.jp/2006-12-06
http://www.asahi-net.or.jp/~PB5H-OOTK/pages/S/suzukimiekichi.html
http://yutaka901.fc2web.com/page5apx06e.html
http://yutaka901.web.infoseek.co.jp/page2ax56a.html
http://akaitori.jpn.org/


参考文献一覧      HOME