小林 卓斎 こばやし たくさい
   

石路苔痕濕
登々入翠巒
踏破白雲去
釆芝兼采蘭
石路 苔痕湿る
登々として 翠巒(=青々とした山々)に入る
踏破せん 白雲去る
釆芝(=散らばった芝) 采蘭(=選び取った蘭)を兼ねる
19.5p×16.5p

天保2年(1831)生〜大正5年(1916)4月歿
 漢学者・書家。京都の人。名は發、字は公秀、通称は卓蔵・熊次郎といい、卓齋・卓翁・大観・壽菴などと号した。華族山科家の家臣・旧滝口宮人小林佐兵衛の次男。高倉竹屋町南に居し、18歳のときはじめて貫名海屋について書法を学び、流麗な書風を以て斯界に重んぜられた。また、漢詩・篆刻も能くし、鑑定に精通していた。明治年間、京都書壇に覇を称えた。(参考文献 『書道全集』平凡社)
 「大観生卓翁」の左に、白文下駄判の「小林」「卓蔵」の落款印が押されている。

推奨サイト
http://www.shibunkaku.co.jp/
http://72.14.235.104/search?q=cache:9e9h4CL0ABoJ:isjhp1.nichibun.ac.jp/contents/Tanzaku/636/info.html+%E5%B0%8F%E6%9E%97%E5%8D%93%E6%96%8E&hl=ja&ct=clnk&cd=4&gl=jp&lr=lang_ja
http://72.14.235.104/search?q=cache:rXXj9y0Ih5wJ:www.daito.ac.jp/~oukodou/gallery/pic-92.html+%E5%B0%8F%E6%9E%97%E5%8D%93%E6%96%8E&hl=ja&ct=clnk&cd=7&gl=jp&lr=lang_ja


参考文献一覧      HOME