花山院 愛徳 かざんいん よしのり
   

福地陰陽節
福地は陰陽の節
54.8p×133.6p

宝暦5年3月3日(新暦 1755年4月14日)生〜文政12年3月16日(新暦 1829年4月19日)歿
 京の人で、名は愛徳、号を通斎・大拙などと称した。
 権大納言中山栄親の次男として生まれる。姓は藤原氏、兄は権大納言中山愛親。室は左近衛少将伊達村候の娘、継室は内匠頭蜂須賀重隆の娘。子に右大臣花山院家厚、権大納言今城定章(今城家への養子)がいる。
 宝暦9年(1759)に叙爵。明和6年(1769)に花山院長煕の養子となる。その後、侍従・左近衛少将・左近衛中将を経て、安永3年(1774)に従三位権中納言となり、公卿に列する。同年、踏歌節会外弁。天明5年(1785)には権大納言に任命される。寛政11年(1799)には右近衛大将・右馬寮御監となり、文化11年(1814)に内大臣に任命された。翌年に内大臣を辞すが、従一位を授与される。文政3年(1820)右大臣に任じられるも同年辞職。桃園天皇(116代)から仁孝天皇(120代)に至る五朝にわたって仕えた。
 歌人であると同時に、大師流の能書家としても知られている。
 「通齋」の下に、白文の「藤原m印」、同じく白文の「通齋」の落款印が押されている。

推奨サイト
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%B1%E5%B1%B1%E9%99%A2%E6%84%9B%E5%BE%B3
http://www.daito.ac.jp/~oukodou/gallery/pic-1417.html
http://www.daito.ac.jp/~oukodou/gallery/pic-451.html
http://www.geocities.jp/okugesan_com/kazanin.htm


参考文献一覧      HOME