萩原 秋巌 はぎわら しゅうがん
   

盧龍塞外草初肥
雁乳平蕪暁不飛
郷國近来音信斷
至今猶自着寒衣
盧弼夏初詩
盧龍塞外 草 初めて肥え
雁乳平蕪(=雑草の茂った野原) 暁に飛ばず
郷国(=郷里) 近来 音信断つ
今に至って猶お自ら寒衣を着る
盧弼夏初詩
盧龍塞=『魏志』武帝紀に「建安十一年 鳥桓を征し、盧龍塞を出づ」とある。
盧弼=中華民国の三国志の学者
129.5p×67.8p

享和3年(1803)生〜明治10年(1877)2月19日歿
 名は翬、字は文侯、通称は祐助のち自然と改める。別号は古梁漁夫・大飛・松筠堂等。詩は宮沢雲山に学び、書は幕末三筆の一人卷菱湖門下の四天王(萩原秋巌・中沢雪城・大竹蒋塘・生方鼎斎)の一人で、「位置は雪城、書は秋巌」と称された。門下には村田海石・小室樵山などがいる。
 主な著書に『真書独楽園記』『真書千字文』『行書千字文』『真書愛蓮説』『書法薈粋』『十体源流』等がある。
 「秋巌書」の下に、白文の「庭翬」、朱文の「庭大飛」の落款印が押されている。

推奨サイト
http://www.daito.ac.jp/~oukodou/gallery/pic-367.html


参考文献一覧      HOME