荒木 鳳岡 あらき ほうこう
   

儒冠不値半文錢
枉道詩書有夙縁
風雪蕭條年盡夕
挑燈又草送客篇
儒冠(=儒学者がかぶる冠)値なく 半文の銭
枉道(=回り道)の詩書 夙縁有り
風雪蕭条(=もの寂しい)として 年 夕に尽きる
灯に挑むも又た草(=官に使えず民間にいる) 送客の篇
136.4p×34.7p

慶応2年10月17日(新暦 1866年11月23日)生〜昭和17年(1942)1月28日歿
 日本の医学者。京都帝国大学総長、学習院長や枢密顧問官を歴任する。
 上野国碓氷郡板鼻宿(現在の群馬県安中市)に、儒医の次男として生まれ、名は寅三郎、号を鳳岡と号した。11歳の時に東京に遊学し、萩原塾に学ぶ。明治15年(1882)東京帝国大学医科大学別課医学科に入学。明治20年(1887)同課を卒業後、郷里で医師として家業を継ぐ。
 その後明治21年(1888)に上京し、東京帝国大学医科大学生理学教室の大沢謙二教授のもとに入門。明治22年(1889)4月、シュトラースブルク大学へ留学。ホッペ・ザイラー教授に師事し、生化学を学ぶ。明治29年(1896)1月、第三高等学校医学部の生理学・衛生学教授となる。明治32年(1899)9月、京都帝国大学医科大学医化学講座担当教授となる。
 明治36年(1903)には京都帝国大学医科大学長となり、大正4年(1915)4月に、京都帝国大学で初めて公選により総長に就任。京都帝国大学総長在任中の大正8年(1919)には帝国学士院会員に選定される。総長辞任後の昭和4年(1929)に京都帝国大学名誉教授となり、同年10月には学習院長に任命される。昭和12年(1937)4月に枢密顧問官に親任される。昭和17年(1942)1月28日狭心症のため急逝。享年77歳。
 彼の研究は多方面にわたったが、代表的なものは志賀潔発見の赤痢菌と異なる2種の菌(駒込A、B菌)を発見して赤痢病原多元説を樹立したこと、および鼠咬症の病原体を分離し鼠咬症スピロヘータと命名した業績である。
  「鳳岡」の下に、白文の「荒木寅印」、朱文の「鳳岡學人」の落款印が押されている。

推奨サイト
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%92%E6%9C%A8%E5%AF%85%E4%B8%89%E9%83%8E
http://www.m.chiba-u.ac.jp/med-jounal/76/76-3/miura29.html
http://iryo.sanyo.oni.co.jp/kikaku/keihu/keihu_05.html
http://atpedia.jp/word/%E8%8D%92%E6%9C%A8%E5%AF%85%E4%B8%89%E9%83%8E
http://wapedia.mobi/ja/%E8%8D%92%E6%9C%A8%E5%AF%85%E4%B8%89%E9%83%8E
http://viswiki.com/ja/%E8%8D%92%E6%9C%A8%E5%AF%85%E4%B8%89%E9%83%8E
http://wpedia.mobile.goo.ne.jp/wiki/%8Dr%96%D8%93%D0%8EO%98Y/
http://www.weblio.jp/content/%E8%8D%92%E6%9C%A8%E5%AF%85%E4%B8%89%E9%83%8E
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E8%8D%92%E6%9C%A8&dtype=0&stype=0&dname=0ss&pagenum=11&index=100573100000
http://wpedia.goo.ne.jp/wiki/%E8%8D%92%E6%9C%A8%E5%AF%85%E4%B8%89%E9%83%8E
http://spysee.jp/report_print/index/%E8%8D%92%E6%9C%A8%E5%AF%85%E4%B8%89%E9%83%8E
http://jiten.biglobe.ne.jp/j/00/e6/8f/f2e80357e936fa29ae4a600750eb60d7.htm
http://wpedia.mobile.goo.ne.jp/wiki/713790/%8Dr%96%D8%93%D0%8EO%98Y/1/
http://odekake.jalan.net/spt_10211aj2200141987.html
http://www.daito.ac.jp/~oukodou/gallery/pic-2.html


参考文献一覧      HOME