秋月 種樹 あきづき たねたつ
   

斜々沙路夾清風
村落深邊鷄犬喧
啇略晩來新雨到
五頭山上白雲繁
越後金谷草稿 供山田子一正
紀元貳千五百卅三年七月
松嵜寓次書之
斜々たり沙路 清風を夾む
村落 深き処 鷄犬喧し
(=滴) 略して 晩来り 新雨到る
五頭山上 白雲繁し
越後金谷の草稿 山田子一に供える 正せ
紀元2533年7月
松嵜寓次して之れを書す
128.5p×43p

天保4年10月7日(新暦 1833年11月18日)生〜明治37(1904)年10月7日歿
制作年  明治6年(1873) 41歳
 日向国高鍋藩主秋月種任の三男で、種殷の弟。左京亮と称し、樂山・千歳叟・古香などと号した。貴族院議員、参与、明治天皇侍読。詩文に優れ、書家としても著名で、すべてに通じた風流人であった。このころ頼山陽の書画が流行し、山内容堂とともに、その風をよくしたことが知られている。この幅はその特徴を端緒に表わしている。
 引首印は白文の「古香」、「迂樹」の下に、白文回文の「劉種樹印」、朱文の「漢高苗裔」の落款印が押されている。

推奨サイト
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%8B%E6%9C%88%E7%A8%AE%E6%A8%B9
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/chiiki/seikatu/miyazaki101/hito/008/008.html
http://wpedia.search.goo.ne.jp/search/%BD%A9%B7%EE%BC%EF%BC%F9/detail.html?LINK=1&kind=epedia
http://www.daito.ac.jp/~oukodou/gallery/pic-591.html
http://www.miyazaki-archive.jp/d-museum/search/search/detail/?id=106
http://www.shogaya.com/html/akizuki-taneki31.htm


参考文献一覧      HOME