伊藤 東涯 いとうとうがい
   

應 兵部卿宮 教曖初春鶯
瑞靄氤氳映斗城
王藏茅宅屬昇平
東風吹此゙城柳
便有黃鸝夢上聲
兵部卿宮に応じ 曖(=薄暗い)を教える初春の鴬
瑞靄(=めでたいもや)氤氳(=天地の気が盛んなさま) 斗城(=小さな城)に映ず
王 蔵する 茅宅(=茅葺の家) 昇平(=平和でよく治まっている世の中)に属す
東風(こちかぜ)高ノ吹いて 城柳に満ち
便り有り黄鸝(=高麗鴬) 夢上の声
兵部卿宮=物語に登場する、本名のわからない架空の皇子の 便宜上の名称。代表的な例として、『源氏物語』に登場する親王が3人いる。 先帝の皇子 、藤壺中宮の兄。紫の上の父。
17.8p×27.2p

寛文10年(1670)生〜元文元年(1736)歿
 江戸時代中期の儒学者。伊藤仁斎の子で、古義堂の2代目。名は長胤、字は原蔵・源蔵・元蔵。
 「東香vの下に白文の「長胤之印」、朱文の「元蔵」の落款印が押されている。

推奨サイト
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E8%97%A4%E6%9D%B1%E6%B6%AF
http://www.geocities.jp/goromaru134/goromaru/tokai07.html
http://www.norinagakinenkan.com/norinaga/kaisetsu/ito_tougai.html
http://www.kagiya-1600.com/story/zz_tougai2.htm


参考文献一覧      HOME