栗山 直扶 くりやま なおすけ
   

師弟軸


鎌田 正夫
山家夏月
かやり火の けふりしたはふ山かせに
すみの○りけり なつのよの月



蚊遣火の 煙下這う山風に
すみの○りけり 夏の夜の月
栗山 直扶
古都鳥
月とくもそ 三笠の山をたちいてて
ならのみやこに 鳴くほとときす


月と雲ぞ 三笠の山を立ち居出て
奈良の都に 鳴く杜鵑
6p×36p×2

明治5年(1872)生〜昭和17年(1942)歿
 御歌所参候・篠山八幡宮宮司。京都生。曾祖父は俳人である蕉夢、祖父は扶風。号は松煙室。鎌田正夫等に師事する。御歌所参候を拝命後、京都向陽会の点者となる。

推奨サイト
http://www.weblio.jp/content/%E6%A0%97%E5%B1%B1%E7%9B%B4%E6%89%B6
https://kotobank.jp/word/%E6%A0%97%E5%B1%B1%E7%9B%B4%E6%89%B6-21399
http://repo.kyoto-wu.ac.jp/dspace/bitstream/11173/2222/1/0010_157_002.pdf#search=%27%E6%A0%97%E5%B1%B1%E7%9B%B4%E6%89%B6%27
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=5124485&id=56144438


参考文献一覧      HOME