小石 元瑞 こいし げんずい
   

用之不惑 治之大則
用いるに惑わず、これ治の大則なり。
医術・医薬を用いるときに、迷わないことが、治療の原則である。(黄帝内経素問 移精変気論篇 第十三第三節)
124.3p×26.5p

天明4年11月20日(新暦 1784年12月31日)生〜嘉永2年2月10日(新暦 1849年3月4日)歿
 江戸時代後期の蘭学者、蘭方医。新宮凉庭とともに京都の二大蘭方医と称揚される。父は医師小石元俊。名は龍または橘龍、字を矼軒。号は?園・蘭斎・秋巖仙史・拙翁・用拙居・用拙居主人・松芝老人・五竹茶寮など。京都の人。
 元瑞は病弱だったが父元俊に厳しく育てられ、幼少期には大坂にて篠崎三島の梅花塾に入門し経学を修める。父とともに慈雲に参禅している。
 寛政11年(1799)16歳で江戸に下り、杉田玄白・大槻玄沢・宇田川玄随などに就いて蘭学・医学を学んだ。京都に戻ると、父より医学塾究理堂を引き継ぎ、新宮凉庭とともに京都の二大蘭方医といわれた。延べ患者数1万人以上、門弟千人にも達したという。元瑞の医学は、蘭方の理論に漢方の治療法も併用する漢蘭折衷であった。
 天保5年(1834)50歳で、業を子・仲蔵に譲り、拙翁と号して用拙居で著述に励んだが、62歳には柳川候病気のため筑後へ招かれ、治療に功を奏している。
 医業の傍ら、皆川淇園について漢学を学んだ。漢詩・書・煎茶・茶の湯などに親しみ、頼山陽・青木木米・田能村竹田・浦上春琴・山本梅逸・小田海僊・篠崎小竹・細川林谷・市河米庵を始め、多くの文人と交友した。
 とりわけ頼山陽の理解者となり公私に亘り支援した。父の元俊が頼山陽の父親頼春水と親交があった関係と大阪時代の師、篠崎三島の依頼で頼山陽が京都に来て開塾する斡旋をした。山陽の臨終を看取ったのも小石元瑞。小石家の下女であった梨影を養女としたのち山陽に嫁がせている。また山陽の義妹を自らの妻とした。
 著作に『?園随筆』、『東西医説析義』、『梅毒秘説』、『薬性摘要』、『蘭訳分量考』、『西説痘瘡記聞』、『究理堂備用方符』、『窮理堂誡論』、『処治録』のほか、医書、詩文稿、随筆、茶・香に関するものなど多数がある。
「?園」の下に、白文の「小石龍印」、朱文の「蘭斎」の落款印が押されている。

推奨サイト
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E7%9F%B3%E5%85%83%E7%91%9E
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E7%9F%B3%E5%85%83%E4%BF%8A
http://kotobank.jp/word/%E5%B0%8F%E7%9F%B3%E5%85%83%E7%91%9E
http://wp1.fuchu.jp/~sei-dou/jinmeiroku/koishi-genzui/koishi-genzui.htm

http://www.suntory.co.jp/sfnd/kenkyu/report0610.html
http://kurumenmon.com/arima/rekidai/10yoritou/10koisigennzui.html


参考文献一覧      HOME