近藤 篤山 こんどう とくざん
   

心大則百物皆通、
心小則百物皆病。
心大なれば則ち百物皆通じ、
心小なれば則ち百物皆病む。(近思録 論学104)
28p×129p

明和3年11月9日(1766年12月10日)生〜弘化3年2月26日(1846年3月23日)歿
 江戸時代の朱子学者。名は春ッ、字は駿甫、通称を大八、のち新九郎・高太郎、別号に竹馬・勿斎等。
 伊予国宇摩郡小林村(現・愛媛県四国中央市)の出身。父は高橋甚内、通称は大八。幼少期に家産が傾き、別子銅山の銅山役人となった父とともに別子山に移ったりするなど、貧困の中で苦学力行した。
 天明8(1788)年、弟の三品容斎とともに大坂に出、同郷(宇摩郡川之江出身)の尾藤二洲より儒学を学んだ。二洲は寛政3(1791)年に幕府儒官となって江戸に移り、篤山は一時期大坂で私塾を開いている。寛政6(1794)年、篤山は昌平黌に入門し、再び二洲の教えを受けた。寛政9(1797))、江戸での修学を終えて別子山に帰り、翌寛政10(1798)年に伊予国川之江で私塾を開いた。
 享和3(1803)年、伊予国小松藩に招かれて儒官となる。篤山はその前年に開設された藩校を昌平黌にならって整備し、養正館と改称する。養正館では藩士のみならず領民にも門戸を開いた。篤山はこのほか自邸内に私塾として「?蒼亭」を設け、また他藩の人のための施設「緑竹舎」を設けた。
 小松において約40年にわたり教育に尽くした篤山は当時名を知られた教育者であった。佐久間象山は書簡の中で篤山を「徳行天下第一」と評しており、自らが江戸に開設した私塾「象山書院」の額の揮毫を篤山に請うている。
 天保13(1842)年に隠居がゆるされているが、40年以上の教育・徳行に対し、幕府より表彰されている。
 「近藤ッ書」の下に、白文の「篤山」、同じく白文の「嵩印」の落款印が押されている。

推奨サイト
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E8%97%A4%E7%AF%A4%E5%B1%B1
http://yoseikai.weebly.com/36817342763171623665123922356726494.html
https://kotobank.jp/word/%E8%BF%91%E8%97%A4%E7%AF%A4%E5%B1%B1-16312
http://www.shikoku.gr.jp/spot/185


参考文献一覧      HOME