石川 雅望 いしかわ まさもち
   

のむとはや 喜見城にそ いたりぬる
濟ほと こころゆくものはなし
六樹園
飲むと早や 喜見城にそ 到りぬる
済ほど 心ゆくものはなし
喜見宮=須弥山の頂上の?利天にある帝釈天の居城。七宝で飾られ、庭園では諸天人が遊び戯れるというので、楽園などのたとえにされる。
濟=渡る、成就する、救う、助ける、増す、という意味がある。
29.2p×88.8p

宝暦3年12月14日(1754年1月7日)生〜文政13年閏3月24日(1830年5月16日)歿
 江戸中期から後期にかけての国学者、狂歌師、戯作者。本名は糠屋七兵衛、のちに石川五郎兵衛を名乗った。幼名は清之助。字子相。雅号は六樹園、五老山人などを用い、狂歌名を宿屋飯盛とした。
 江戸日本橋小伝馬町3丁目(東京都中央区)の旅籠屋糠屋主人で浮世絵師でもあった石川豊信の5男として生まれる。家業を継ぐ。
 若くして和学を津村淙庵に和学を、古屋昔陽に漢学を学んだが、狂歌流行とともに天明3(1783)年に大田南畝(狂歌名・四方赤良)に入門、以後、天明期江戸狂歌壇の白熱した空気のなかで生来の才を育み、軽妙洒脱を身上とする狂歌を量産した。天明4年(1784)に狂歌本『大木の生限』『太の根』を編したのを最初に、著述が多く、江戸狂歌の新進として鹿津部真顔と並称された。天明年間に蔦屋重三郎と組んで浮世絵を描いた多くの狂歌絵本を編集・出版した。狂歌名・宿屋飯盛は旅館業を営んでいたことに由来する。やがて五側の盟主として、化政期の関東狂歌界に大きな影を落とした。
 寛政3(1791)年、39歳で宿屋の営業許可をめぐり贈賄の罪に問われて、江戸払いに処され、成子村、のち内藤新宿へ居を移した。これを機に、和学研究に心血を注ぎ、多くの雅文を創作するようになった。国学の対象は特に『源氏物語』を好み、その考証の成果として、注釈書『源氏余滴』や辞書『雅言集覧』をまとめた。
 また狂文『都の手ぶり』『吾嬬那万里』や雅文体の読本『飛騨匠物語』などを残した。狂歌界は、飯盛の不在中は真顔が独占の形で俳諧歌と称し、天明期(1781〜89)の狂歌を非難したのに対して、飯盛は文化4、5年(1807、1808)ごろ江戸復帰後の『狂歌百人一首』で反撃して機知と笑いを堅持すべしと主張し、いわゆる俳諧歌を圧倒した。
 文化9年にはやっと赦免となったが、その間、中国白話小説などを和雅文に翻案した読本数種をものした。『天羽衣』『近江県物語』『しみのすみか物語』『飛騨匠物語』などである。
 狂歌における生涯のライバル鹿都部真顔と共に、文政11(1828)年に俳諧歌宗匠号を二条家から授与される。晩年は霊岸島新湊町(東京都中央区)に住み、子息塵外楼清とともに職業狂歌師として『万代狂歌集』をはじめ多数の狂歌本を著した。
 著書は他に、撰集『万代狂歌集』、江戸の両国橋や馬喰町の様子などをほぼひらがな文で記述した随筆である和文集『都の手ぶり』、読本『飛騨匠物語』、『近江県物語』などがある。
 人気作『偐紫田舎源氏』で知られる柳亭種彦の師。

推奨サイト
http://heartland.geocities.jp/hamasakaba/43isikawa/
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E5%B7%9D%E9%9B%85%E6%9C%9B
https://kotobank.jp/word/%E7%9F%B3%E5%B7%9D%E9%9B%85%E6%9C%9B-15232
http://spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/collection_vote/artist.php?AD=a---ishikawa_masamochi
http://www.weblio.jp/content/%E7%9F%B3%E5%B7%9D%E9%9B%85%E6%9C%9B
http://taitonavi.jp/enjoy_detail.html?no=210
http://www.kokusho.co.jp/np/isbn/9784336035288/
http://21coe.kokugakuin.ac.jp/db2/kokugaku/isikawa.006.html
http://tadeku.net/1008
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1019881
http://www.wul.waseda.ac.jp/kotenseki/search.php?cndbn=%90%CE%90%EC+%89%EB%96%5D


参考文献一覧      HOME