鳴砂山・月牙泉


 町のどこからでも見える鳴砂山は東西約40q、南北約20qの大きな砂丘です。つぶの細かい砂だけの美しい砂漠が広がり、私たちを神秘な思いに誘いこみます。
 月牙泉は、古来神仙の棲む場所とされ、泉の畔には道観がありましたが、今は崩れたレンガの基壇だけが残っています。月牙泉にはラクダに乗っても行けます。また、月牙泉の砂丘滑りは厄除けとして知られ、道観を訪れた人も、この風習にならったと言われています。


敦煌MAP  HOME